雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

otaniryuji Bag Book(大谷リュウジ バッグブック)【開封購入レビュー】

EYEs刺しゅうトートバッグはどんな付録?

ブランドの特徴でもある、
繊細な刺しゅうをあしらったトートバッグ。
特に人気が高いEYEsシリーズのクラウンを
デザインした、高級感あふれる仕上がりです。

宝島チャンネルより

サイズ(約):H24×W35[最大]×D9cm

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体・・・A4ノートヨコ向き

外ポケット・・・奥行きはB5ノートヨコ向きがぴったり。幅は少しゆとりがあります。

内ポケット・・・A6ノートヨコ

最大容量は500mLペットボトル6本分です。

<実測サイズ>
タテ26×ヨコ36×底面9cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 綿ポリエステル混紡裏PVC貼り、PVC、合金

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表は綿とポリエステルを混紡した生地で、薄手の帆布に近い質感です。マットで少しカサっとした肌ざわり。自立するくらいのコシ・ハリがあります。

裏はPVCコーティングされていて、つるつるの触り心地。バッグの中は少しPVC特有の刺激臭を感じました。

付録の品質はどう?

一部縫い目の幅が大きい箇所があるものの、目立つ変形や縫製の乱れはなく、ほぼ既製品並みの仕上がりです。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
身長161cmの私が肩にかけると、脇の下に開口部がきます。ファスナーの開閉やバッグの中身の確認は問題なく行えました。重いものを入れても、丸く柔らかい持ち手が肩への食い込みを和らげてくれるので、肌あたりが優しかったです。

・ファスナー
動きはスムーズで噛み込みもありません。閉め終わりの部分のみ、パイピングが当たって邪魔になり閉めづらかったです。また引き手が細く華奢なのが、少しつまみにくく感じました。

・耐荷重
バッグの生地の突っ張りなく使える重さは2kgまで。2.5kgを超えるとバッグ生地に突っ張りが出始めます。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

大きすぎないけれどA4サイズ対応なのが◎。生地が帆布のような風合いで、デザインも刺繍だけというのも大人っぽくて良いです。刺繍はその細かさに「すごいなあ〜」と思わずにはいられないほど。開封してしばらく眺め続けていました。

ひとつ惜しい点を挙げるとするなら、外ポケットにファスナーがない点。大きめサイズのポケットにファスナーがないと、私は中身を落としそうなので使えません・・・ボタンだけでもあったら良かったです。

購入した付録つき雑誌/ムック

otaniryuji Bag Book

発売日:2019年6月22日(土)
価格:2,138円
宝島社