雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

レタスクラブ 2019年7月増刊号《特別付録》レタスクラブ×カルディコーヒーファーム オリジナル保冷バッグ【購入開封レビュー】

オリジナル保冷バッグはどんな付録?

7月増刊号の大目玉は、なんといっても付録の保冷バッグ!「カルディコーヒーファーム」さんとコラボした、レタスクラブオリジナルのバッグが1冊に1つ付いてきます

レタスクラブニュースより

愛くるしいしろくまくんのイラストは、今回レタスクラブのためだけに描き起こされたもの。マチもたっぷりで、お弁当箱はもちろん、ペットボトルやデザートだって入っちゃうんです。

レタスクラブニュースより

「縦20×横31.5×マチ12cm(本誌表紙より)」

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体には、A5サイズがすっぽり、ポケットには、A6サイズがタテに入りました。

めいっぱい入る量は、500mlのペットボトルを寝かせて4本です。

<実測サイズ>
紺色のポーチ:タテ19.5cm ヨコ31cm マチ12cm ポケット12.5×14cm
ベルト・・・全長35cm 幅2.7cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> 表側:ポリエステル 内側:アルミ、ウレタン

<製造国> 中国

付録素材を見た、触れた感じは?

ポリエステル素材のバッグ表面は、シャリシャリ感のある手触り。

中は光沢のあるアルミ素材で覆われています。
触ると弾力があり、我が家にある100均の保冷バッグより厚みを感じます。
持ち手ベルトは表面の素材と同じで、ペラペラとしていて自立しません。

付録の品質はどう?

バッグの表側から見ると縫い目は一定に揃ってはいますが、歪みが見られるため既製品には及びません。

糸があらゆるとこころから飛び出ています。(黄色の丸)
また、2本線で縫われていますが、幅が一定ではないことが一目でわかりました。(赤い四角)

内側の端の始末はパイピングが施されていました。
一部、縫い端が飛び出ています。

付録を使ってみた感想は?

ファスナー開閉
10回ほど開け閉めしたところ、ひっかからずスムーズ。中身が見渡せるほど大きく開き、底のものを取りだしやすかったです。

保冷効果
保冷剤(7.5×9.5cm)が約2時間で溶けました。
保冷剤を入れている部分に表側から触ると、ひんやりとした冷たさが伝わってきます。

生地の耐水性
生地表面はすぐに水を吸収してしまい、はじきませんでした。内側まで水は染みてはいません。
濡れた部分は約1時間で乾きました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

イラストやバッグの色が男女どちらでも持てる雰囲気が◎
息子の大きなお弁当が入るうえに、500mlのペットボトル入る大きさも嬉しい♪
(我が家は凍らせたペットボトルをお弁当の保冷剤代わりに入れています)
早速、夏のお弁当保冷バッグとして使いたいと思います!

購入した付録つき雑誌/ムック

レタスクラブ 2019年7月増刊号

発売日:2019年6月25日(火)
価格:760円
KADOKAWA