雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

ZUCCa(ズッカ)2019-2020 ボックス型ショルダーバッグ【購入開封レビュー】

ZUCCa(ズッカ)2019-2020 ボックス型ショルダーバッグはどんな付録?

スペシャルアイテムは縦型デザインの
ボックス型ミニショルダーバッグ。

ZUCCa 2019-2020|宝島CHANNELより

SIZE(約):W17×H22.5×D4.5cm
ショルダーストラップの長さ120cm

ZUCCa 2019-2020|宝島CHANNELより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体はB6が縦にすっぽり収まり、背面ポケットはA5縦がぴったり入りました。
最大容量は500mLペットボトル2本です。

<実測サイズ>

バッグ・・・縦 23cm×横 16cm×マチ 6cm

背面ポケット・・・深さ17cm×幅 16cm

ショルダーストラップ・・・全長140cm(結び目をほどいた状態)調節・取り外し可能

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグ表地は光沢があるPVC合皮で、手触りはツルツルとなめらかです。
生地の厚みは約2mm、ぐにゃりと曲げられる柔らかさと、もっちりとした弾力性を感じました。

「zucca」のロゴとミルスペックネームが箔押しされていて、小さめのデザインなのにシルバーカラーのおかげか遠目からでもキラキラと目立ちます。

裏地はフェルトのようなふわふわとした独特な生地でした。

付録の品質はどう?

バッグは外縫いタイプ、ステッチは2mm間隔にまっすぐキレイに縫われていました。

ファスナー・背面ポケットで生地が重なる部分に、わずかながら生地の縫い合わせズレが生じています。底部分には縫いツレによる、目立つ歪みもみられました。

付録を使ってみた感想は?

身長160cmの筆者がショルダーストラップをデフォルトの長さで、肩に斜め掛けしたら、お尻の位置にバッグがきました。これでは少々長いので、長さの調整が必要だと感じました。

ストラップは紐状で、結んで細かく調整することができて便利でした。
ループ部分は、ストラップがちょうど通るぐらいの幅で、結び目が小さくても抜けることはありませんでした。

ファスナー開閉は引っかかることなくスムーズ。バッグ開口部は狭いかな?と感じましたが、生地に柔軟性があるため意外と広げることができ、レシートとカードが詰まって厚みがある長財布も、出し入れに手間取ることはありませんでした。

表地に水を垂らして5分ほど放置してみました。吸い込まれる様子も滲む様子もなく、水滴状態をキープ。急な雨などでも外側は濡れに耐えてくれそうです。

しかし内側はフェルトのような生地なので、すぐさま水を吸い込み、そのまま水を含んでじんわりと濡れている感触が残りました。そのためバッグ内部の水濡れには注意が必要だと感じました。

 

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

高級感のあるレザー調生地に箔押しデザインがかっこいい。かなりオシャレです。
でもバッグに色々と詰め込みたいタイプの筆者には容量が少々物足りないと感じたのと
このサイズ感と機能性でこのお値段か・・・ということで「う~ん」です。

財布・スマホ・キーケースなら余裕で入るのでちょっとそこまで、というお出かけ向きのバッグですね。

内側のフェルトのような生地はとても気に入りました!
デジカメやタブレットなどのガジェット系を入れても、傷がつく心配がなくなるような手触りでした。気持ち良すぎて、何度も手を滑らせて出し入れしてしまうほど。

運動会などカメラやスマホを常備して動き回るときに、サッと入れ替えるためのバッグにいいかも!と期待しております。

購入した付録つき雑誌/ムック

ZUCCa 2019-2020

発売日:2019年8月9日(金)
価格:1998円
宝島社