雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

お手入れ・・・【購入レビュー】Mono Max(モノマックス)2019年1月号 《特別付録》 BEAMS(ビームス)汚れがつきにくいレザートートバッグ

購入した雑誌/ムック

発売日:2018年12月7日
宝島社
Mono Max(モノマックス)2019年1月号 890円(税込)

《特別付録》
BEAMS(ビームス)汚れがつきにくいレザートートバッグ

どんな付録?

11周年を祝う特別付録として、今月は「BEAMSの汚れがつきにくいレザートートバッグ」。

①その名の通り汚れがつきにくい仕様であること。汚れが染み込みにくいので、サッとふき取ることができます。

②ネームタグが本革で、高級感をプラスしました。表面は肉厚なフェイクレザーを使用しています。

③天ブタを採用しました。トートですがファスナーで閉じられるので、中の荷物が見えづらいです。

④フロントポケットが大きい。iPadも入る大きさなので、かなりの大容量です。

2019年1月号|MonoMax(モノマックス)│宝島社の雑誌より引用

大きさは?

(実寸)

サイズ:縦33cm、横42.5cm、マチ8cm
ポケット/縦23cm、横21cm
持ち手/長さ29cm、幅2.5cm

重さ:360g

素材は?

素材:PVC、ポリエステル、本革

匂い:ビニール臭

コラボブランド:BEAMS(ビームス)

MADA IN CHINA

購入した感想は?

 

付録の素材/使い心地  バッグ本体

シュリンクレザー風の程よいツヤ感と光に反射する色味。厚みがある生地。生地表面の手触りはとても柔らかくしなやかです。本革を採用しているブランドタグの質感が際立っています。

バッグのハンドル

冬場の厚手コートの上からでも余裕で肩がけが可能な長さ。生地が柔らかいので重い荷物の際でも肩に食い込みませんでした。細めのフォルムですが、バッグ全体の雰囲気に合っていると思います。

フロントポケット

ポケットの内部構造は、本体側が薄いポリエステル、外側はやわからいフェルト地のよう。滑らかな手触りが心地いいです。500mlのペットボトルや8インチのタブレットなどすっぽりと収納できる余裕の大きさです。冬場の折り畳み傘や手袋などサッと取り出せて便利です。

鏡に合わせてみて思ったのですが、ポケット部分が一瞬切り替え生地のようなデザインに見えおしゃれ。ユニセックス向きなデザインです。

開口部

ファスナー付きの天ブタで中身が見える心配がありません。 細部まで縫いこんである仕立てと握りやすいつまみで、ファスナー開閉がスムーズ。割としっかり目な開閉音がでます。

バッグ内側

ポケット側が薄いポリエステル、反対側と底はポケット部分にもあった柔らかいフェルト地のような手触りです。天ブタ同様に底の縫い合わせまでも丁寧に縫製されていました。

付録の収納力

2リットルのペットボトルが横に入ります。縦だと3本は入ります。さらにA4雑誌、書類、勉強道具もたくさん入っちゃいました。これだけ入れた重みでも、底の沈みはあまり出ませんでした。

お得度メーター


ビームスコラボの付録をチェックし続けてる私からは最高評価をつけてあげたいです。

付録フォトギャラリー




 


 

 

 

 

【次号予告】


発売日:2019年1月9日(水)
宝島社
Mono Max(モノマックス)2019年2月号  890円(税込)

《特別付録》
Marmot(マーモット)のボディバッグ