雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

ベビーブック 2019年10月号《ふろく》アンパンマンびっくりカメラ【購入開封レビュー】

アンパンマンびっくりカメラはどんな付録?

知育おもちゃふろく・アンパンマンのカメラです。ボタンを押すとカメラの上部から写真が出てきます。

ベビーブックより

カードはアンパンマン10種、どうぶつ5種、のりもの5種の計20種です。

ベビーブックより

【準備について】
本誌に付属のカードを切り離します。1分あれば、バラバラにできました。
切り離したカードはカメラの中にセットします。セットする際に、カメラ本体を開く必要があるのですが、結構固く閉まっています。
スムーズに開けるコツは、赤丸のツメ部分の凹凸をまずは左手の親指を使って少し開いてから、右手でアンパンマンがついているフタをオープンさせるといいです。

カメラを開けるとカードをセットする場所があるのですが、写真のように白い丸で囲んでいるツメの中にセットをしてくださいね。
早く使ってみたくて、慌てんぼうの私は、ツメの中に入れずにさっとカードを置いてセットしたら、カメラのフタが閉まらず「あれ?なんで?」ということになりました。

これらに気をつけておけば、準備は5分もかからずできるかと思います。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> 本体:ABS バネ・ネジ:鉄

サイズはどれくらい?

交通系ICカードとほぼ同じ大きさです。

付録を使ってみた感想は?

アンパンマンのカメラ、可愛い!と、ちょっとウキウキ。
どんな風に遊べるのかな?とワクワクしながらシャッターを切ってみました。

シャッターのボタンを押すと

カッシャン!

と、音がして、上部にカードが飛び出てきました。

何かなーと見ると、クリームパンダとあかちゃんまんのおやつタイム。か、可愛い・・・。

次は、アンパンマンのカードではなく、のりものカードをセット。
ひとりで乗り物当てをしてみます!!

カメラを持ってシャッターを押して「カッシャン!」

カードが上部から少し出てきました。これは・・「救急車!」

はい、当たり。ちょっと楽しいです(笑)

この付録、アリ?ナシ?

あり!

「カッシャン!」というシャッターを切る音が本物っぽいアンパンマンのびっくりカメラ。
しゃしん屋さん気分で遊べたり、アンパンマンのカードの可愛いイラストで「これ誰かな?」「アンパンマン!」とカード遊びしたり、知育おもちゃとして、のりものや動物当てクイズをしたり、いろいろ遊べて一石二鳥、いや一石三鳥の嬉しいおもちゃなので「あり!」です。

しいていえば、カメラの裏側がシンプルすぎてあまり可愛くないので、裏面用のシールがあったらよかったのになと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

ベビーブック 2019年10月号

発売日:2019年8月30日(金)
価格:740円
小学館