雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

幼稚園 2019年10月号《ふろく》オリジナルトミカ 日産フェアレディZ(ホワイトトミカver.)【購入開封レビュー】

オリジナルトミカ 日産フェアレディZはどんな付録?

今回はミニカーのロングセラーブランド『トミカ』とコラボ!
『幼稚園』オリジナルのミニカーは「日産フェアレディZ」のホワイトバージョン!
ペンや巻頭についている「トミカデコシール」で自分だけのオリジナルトミカを作ってみよう!

『幼稚園』より

付録トミカは扉が開く&サスペンション機能付きです。

サスペンション機能・・・上から押して指を離すと、元に戻ります。

今月はトミカが入れられるディスプレイが作れる「おうちでトミカショップ」付き。組み立ては20分ほどで終わりました。

<遊び方>

付録のオリジナルトミカは、絵を描いたり付録のシールでデコったりして遊べます。

原産国は?素材は?

<製造国> MADE IN VIETNAM

<素材表記> 本体:亜鉛合金、ABS、PS

サイズはどれくらい?

トミカ・・・交通系ICカード大

ディスプレイ・・・25cm定規と同じくらいの長さ

付録を使ってみた感想は?

付録トミカの白い塗装は、光沢のないマットな質感。私物のトミカと並べてみると、市販品のトミカと比べてツヤがないのがわかります。

実際に文字を書いてみたところ、鉛筆と色鉛筆は紙に書くのと同じ感覚で書けました。水性ペンは一応インクは乗るものの、やや弾いています。

指でこすると鉛筆以外はやや薄くなります。消しゴムをかけるとうっすら跡は残るものの、ほぼきれいに消すことができました。これなら何回も書いたり消したりして楽しめそうです。

せっかくなので、付録のデコシールを使ってデコってみました、が・・・アレ?なんかダサい?

私の選んだシールの組み合わせが悪いのでしょうか。白い時は興味津々でみていた我が子が、デコった瞬間見向きもしなくなってしまいました・・・

ではデコったトミカと一緒に「おうちでトミカショップ」で遊びます。おうちでトミカショップには、本物そっくりな箱にはいった紙製トミカ6種付きです。

ディスプレイに私物のトミカと合わせて並べて遊べます。ディスプレイに並べるだけで、まるでお店のトミカ売り場のようです。

ひとつ注意点としては、本物のトミカを置くとたわみが出ること。使用厚紙に強度がないため、本物のトミカを置く場合は置く位置や個数に注意が必要でした。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

「トミカに自由に文字や絵を描ける」という切り口が◎。女の子もリカちゃんの髪を切ったりして、うっかりカスタマイズしちゃうことがありますが、アレと同じ感覚で楽しめそうと思いました。個人的には消しゴムで消せる画材限定で描くようにして、何度も楽しみたいです。

我が子のような絵や文字を書けない子はトミカで遊ぶだけでも楽しめるし、自由に絵を描く遊びかたなら子どもから大人まで幅広い世代で楽しめる付録だと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

幼稚園 2019年10月号

発売日:2019年8月30日(金)
価格:1,290円
小学館