雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

umbro SHOULDER BAG BOOK(アンブロ ショルダーバッグブック)【購入開封レビュー】

アンブロ ロゴプリントショルダーバッグはどんな付録?

イギリスのフットボールブランド「アンブロ」より初めてのショルダーバッグブックが登場

宝島CHANNELより

スポーツ観戦はもちろん、デイリーにも使えるショルダーバッグ。
シンプルデザインで使いやすい
SIZE(約):H14×W33×D7cm[すべて最大値]

宝島CHANNELより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B6カードケースがヨコ向きに入ります。

最大容量・・フェイスタオル(32×78cm)5枚

<実測サイズ>
タテ16cm ヨコ28cm マチ8cm(最大)
ショルダーストラップ・・・最短27.5cm 最長82cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ショルダーバッグは、バックパックに使われているような裏がPVC加工されている素材。
バッグ表面を手でこすると、サラリとした手触りです。硬さは多少ハリがありますが芯は入っていないので、半分に折りたたむことができました。

バッグの内側はPVC加工されている生地です。手触りはツルツルとしています。
布端はパイピングが施されていました。

 

ショルダーベルトは、幅約3cm厚み0.1cmのポリエステルの平織りでしなやかな手触りです。長さの調節はできます。

付録の品質はどう?

バッグ表面から見たミシンの縫い目は特に気になる点はありません。

気になった点は、本誌にこのバッグのポイントと書かれている白いパイピングです。
縫いつれて、歪んでしまっている部分がありました。黒い色の中にある白なので、線が曲がっているのが目立ちます。

 

またパイピングの端が、はっきり見えてしまう点も気になりました。

パイピングが飛び出しているように見えてしまいます。

付録を使ってみた感想は?

ファスナーを10回連続で開け閉めしてみました。引っかかることなくスムーズです。

ショルダーベルトは調整可能なので、私は肩から斜めかけで、胸の高さあたりに上部がくるように調節してみました。底部はちょうどおへそあたりになります。少し小さいような印象を受けました。

肩からかけて装着し、開口部から中身が見えるかどうか試してみました。
胸の高さになる上部は見にくいですが、荷物を入れると下になる底部はよく見えるので使う際には問題なさそうです。

バッグ内側に鼻を近づけると段ボールのような匂いが感じられました。臭いという匂いではなく、表面は何も匂わないので特に気にしなくても良いと思います。

肩にかけたままショルダーベルトをひっぱってみました。ベルトに肩当てなどはないのですが、しなやかでやわらかいベルトなので、多少ひっぱっても食い込むような痛さはありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

白いパイピングの端が見えてしまうのがどうしても気になり、「うーん」です。この部分が気になるのは自分だけかもしれないのですが、一度見ると白く目立つので目がいってしまいます。なんかうまく処理できる方法がなかったのかな・・。

でも、お財布やスマホ、タオルなど最低限の荷物はしっかり入るので、ここは目をつむって月1回の長距離ウォーキングなど運動するときに使いたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

umbro SHOULDER BAG BOOK

発売日:2019年8月26日(月)
価格:2149円
宝島社