雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

すみっコぐらし×CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)ショルダーバッグBOOK【購入開封レビュー】

 

すみっコぐらし×CIAOPANIC TYPY ショルダーバッグはどんな付録?

2019年の日本キャラクター大賞グランプリを受賞した大人気キャラクター
「すみっコぐらし」と「CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)」が初コラボ!
気分やコーデに合わせてショルダーと手持ちの2WAYで使えます。

宝島チャンネルより

サイズ(約):タテ20×ヨコ25×マチ8cm
ショルダーストラップの長さ 120cm[最長]

宝島チャンネルより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・A5ノート横向き

内ポケット・・・A5ノート横向き

前ポケット・・・A6ノート横向き

最大容量は350mLペットボトル6本分です。

<実測サイズ>
タテ20×ヨコ25×底面8.5cm
ショルダーストラップ・・・最短62cm 最長118cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル裏PVC貼り加工、ポリエステル、PVC、PP、合金、POM

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表は目の粗いポリエステルで、さらっとした触り心地。過去に見た付録バッグと似た質感です。

裏PVC貼りの生地は厚みとコシがあり、バッグは支えなしで立ちます。織りリボンのロゴは、キャラクターがカラフルです。

中を見ると裏地はなく、PVC貼りでつるっとしています。薄手ポリエステルの内ポケットは、少しパリッとした質感でした。バッグの中に顔を近づけると、少しPVC特有の刺激臭があります。

付録の品質はどう?

前ポケットが、バッグに対してななめに縫い付けられています。タグも曲がっているため、ぱっと見で気づくほど目立ちます。

またバッグのあちこちに糸の飛び出しが見られ、私が今まで見てきた付録のバッグの中では一番かも?と感じるほど多かったです。

糸の飛び出しかたも、今まで見たことのない例(余った糸が縫い込まれて絡まっている、長く垂れ下がった糸が別の部分に縫い込まれているなど)もあり、既製品並みとは言えない品質でした。

↓糸の飛び出し

↓余った糸が縫い込まれて絡まっている

↓長く垂れ下がった糸が別の部分に縫い込まれている

付録を使ってみた感想は?

・ショルダー
身長161cmの私がななめがけする場合、開口が腰にくる長さは110cm。ベルトは滑りが良く、引っ張るだけで楽々調整できました。ベルトはやや薄手で柔らかく、肌当たりが優しかったです。

・開口とポケット
バッグ本体・前ポケットどちらもコの字に大きく開けられ、中が見やすく中身の取り出しも簡単でした。内ポケットもゆとりのあるサイズ感で手が入れやすく、ストレスなく出し入れができました。

・ファスナー
メインポケットのファスナーの動きはスムーズ。前ポケットは曲がって縫われているため、パイピングを噛んだり、ラウンドカーブ付近で動きが鈍くなることがありました。使用に不便を感じるほどではありませんが、少し気を使います。

前ポケットの引き手のみ紐付き。合金のみより長い・太いことで掴みやすく、操作がしやすかったです。

・耐荷重
ショルダーベルトとバッグのつなぎ目に負担なく持てる重さは、3kgまででした。

この付録、アリ?ナシ?

うーん・・・

バッグの変形や縫製の乱れが激しく「うーん」判定です。すみっコのタグはかわいいし、ショルダーバッグ自体のデザインは悪くないだけに、これさえなければと思えてもったいない!ここまで酷い状況なのは、このバッグだけであることを祈ります。

購入した付録つき雑誌/ムック

すみっコぐらし×CIAOPANIC TYPY ショルダーバッグBOOK

発売日:2019年8月29日(木)
価格:1,998円
宝島社