雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

kodomoe(コドモエ)2019年10月号《特別付録》絵本2冊&ノラネコぐんだん ハロウィンガーランド【購入開封レビュー】

絵本2冊&ノラネコぐんだん ハロウィンガーランドはどんな付録?

【豪華3大付録】
1 別冊24P絵本 「だれ だれ? ハロウィン」えがしらみちこ
2 別冊24P絵本 「よなかかいじゅうイビキラス」大串ゆうじ
3 とじこみ付録 ノラネコぐんだん ハロウィンガーランド

最新号のご案内 | 「親子時間」を楽しむ子育て情報誌kodomoe(コドモエ)より

ノラネコぐんだん ハロウィンガーランドのつくりかた

【用意するもの】

・シャーペンやボールペンなど先が尖ったもの

・細身の紐

①本誌から切り離し、切り取り線に沿ってパーツを取り外します。紐を通す部分はシャーペンやボールペンなど軸で押し抜いていきます。

②紐を通したら完成。

パーツは本誌を参考にしても自由にレイアウトすることも可能です。

「画像 本誌P.81より引用」

サイズはどれくらい?

絵本2冊

横の長さはB6(横)とほぼ同じでした。

ノラネコぐんだんハロウィンガーランド

折り畳むと、交通カード(たて)サイズぐらいです。

付録を使ってみた感想は?

絵本2冊

【だれだれハロウィン】

ぶた、きつね、りす、リクガメなどの動物たちが可愛いコスプレをしてハロウィンを楽しむお話です。「へんしんしているのは誰?」と子供とのやり取りをしながら盛り上がれる内容でした。

【よなかかいじゅうイビキラス】

家族のイビキ、はぎしり、寝言はもしかして怪獣が住んでいるからなのでは…と子供ならではの発想をユーモアに展開したお話でした。レトロなタッチと色使いで大人も惹きつけられました。

ノラネコぐんだんハロウィンガーランド

切り取りから紐の取り付けまで、子供と一緒に作って15分ぐらい。紐は刺しゅう糸を使用しました。旗は折りたたんでも、ぱかっと開いてきてしまうので丸めたセロテープで接着しました。

実際に壁にぶら下げてみたところ、ガーランドの旗が動いたりずれたりしなので飾りやすかったです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

絵本はそれぞれ、ハロウィンに興味を持つための導入、イメージを膨らませることの楽しさを知るのに良い絵本だと思いました。紙はかなり薄手に感じましたが、絵本がいっぱいの我が家にはむしろこれぐらいの薄さのほうがコンパクトで嬉しいです。

病院の待ち時間、電車での移動などに持ち運びもしやすいのもgood!

ガーランドの旗を半分に折ったり、紐を通したりする作業を子供もやりたがったため、一緒に取り組みました。子供との工作を楽しみながらかわいいノラネコぐんだんのガーランドを作れたので大満足です。

購入した付録つき雑誌/ムック

kodomoe 2019年10月号

発売日:2019年9月6日(金)
価格:710円
白泉社