雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

小学8年生 2019年10・11月号《特別付録》野菜作り体験キット【購入開封レビュー】

野菜作り体験キットはどんな付録?

今号は、農業にチャレンジできる付録「野菜作り体験キット」にちなんで、野菜についての記事・付録がたっぷり!

『小学8年生』10・11月号|小学館公式HPより

☆入っているもの

  • 栽培ポット
  • 培養土
  • 鉢底シート

いざ、栽培開始!

説明書を読みながら、準備していきます。屋内で行う場合は新聞紙などを敷いて作業することをおすすめします。

【1】まず鉢底シートにつまようじなどで穴をあけて水はけを良くします!ぶすぶす刺していく・・
そして、栽培ポットの底に穴が開いているので、その上に鉢底シートをオン!
栽培ポットはぐにゃぐにゃとする柔らかさなので、ズレないように慎重に。

【2】培養土を入れていきます!「え、これ全部入るの?」というぐらい、土の量が多く感じましたが栽培ポットに少しずつ入れていき、途中でトントンと上下に動かすとしっかり全部入りました~!

培養土を入れたら、今度は水を入れてしっとりさせます。水の量は書いておらず、「土が濡れるぐらいたっぷり」とのことだったのでコップでドボドボと入れていきました。途中で、下がびしょぬれになることに気付いて、慌てて缶のフタを敷く私・・・

【3】さて、大本番の種を植えていくぞー!間隔をあけながら指でぶすぶすと4か所の穴を作ります。そこに二十日ダイコンの種を入れていきます。米粒より少し大きいサイズの種でした。1つの穴に2粒ずつ植えていきます。

【4】あとは芽がでるのを待つ!2~3日で芽がでて、さらにそこから数日経つと双葉がでるので、間引きして水やりを忘れずに大事に育てれば二十日ダイコンができるそう!

原産国は?素材は?

<製造国>

●栽培ポット、鉢底シート・・中国製

●種・・・二十日ダイコン、ニュージーランド製

●培養土・・・国内調合

<素材表記>

●栽培ポット・・・再生PE

●鉢底シート・・・不織布

サイズはどれくらい?

A7サイズ縦より小さめでかなりコンパクトです。

付録を使ってみた感想は?

終始、子どもたちと楽しく植えることができました!

準備も新聞紙とお水、つまようじぐらいなので手間もほとんどかからない。そしてコンパクトなのでベランダで育てるにはちょうど良いサイズでした。

このまま収穫まで大事に育てたいと思います(息子が・・・)

この付録、アリ?ナシ?

あり!

小学3年生の息子と一緒に作業しましたが、ほとんど息子が手伝ってくれて簡単に二十日ダイコンを植えることができました。

二十日ダイコン(別名:ラディッシュ)はその名の通り、約二十日~三十日で収穫できちゃうお野菜とのこと。飽きやすい子どもにはぴったりだなぁ~と感心。

環境にもよりますが、短期間で生長を観察できるのは素晴らしい。ちょうど理科の勉強が始まった小学3年生の息子は興味津々で、わが子のように育てております。

そして・・!種植えから3日後ぐらいに芽がでて急成長を遂げておりましたよ、二十日ダイコンちゃん!

収穫も期待できそうです。

購入した付録つき雑誌/ムック

小学8年生 2019年10・11月号

発売日:2019年8月30日(金)
価格:980円(税込)
小学館