雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】SPRiNG(スプリング)2019年11月号増刊《特別付録》ミッキーマウス腕時計+替えベルト2本

2019年9月21日(土)発売のSPRiNG(スプリング)2019年11月号増刊の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

ミッキーマウス腕時計+替えベルト2本はどんな付録?

付録はシルバーのベルトが洒落てるミッキーマウス腕時計!!
増刊号には自分で取り替えできる替えベルト2本がセットに!

サイズ(約):ケース径30㎜

宝島チャンネルより

増刊号はセブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売です。

腕時計のみが付録の2019年11月号通常版も、同時発売しています。

増刊号は2019年11月号通常版のような段ボール箱+パッケージ袋ではなく、写真のようなPET製?の透明ケースに入っていました。販売品がいただいたものと全く同じ仕様かどうか、現段階ではわかりません。ちなみにベルトの付け替え方法は、本誌に掲載されるとのこと。

原産国は?素材は?

今回いただいた付録には商品の詳細が掲載されたパッケージがなく、公式情報としての素材・原産国は不明です。予告画像から、取り替えベルトの素材が合皮とナイロンであることがわかるのみでした。

ミッキーマウスの腕時計については、以前レビューした2019年11月号通常版から素材・原産国が確認できています。

<製造国> MADE IN CHINA

<素材表記> 合金

<使用電池> ボタン電池1個(SR626SW)自力交換はできません。

付録ライフより

サイズはどれくらい?

一番長いナイロンベルトが、25cm定規よりやや短いサイズ感。3種のベルトの中では、シルバーベルト仕様が一番短いです。

付録を使ってみた感想は?

※ミッキーマウス腕時計のみの使用感については、こちらでレビュー済みのため割愛します。

ベルトは裏面にあるツマミ2箇所を動かすと外れる仕組み。

下(6時側)のベルトは下の写真のようにツマミを左側に、上(12時側)のベルトはツマミを右側にと、上下で反対に動かして外します。

ツマミの先が小さい割りにバネの力が強く、丸くて滑りやすい形状なこともあり、最初はツマミが思うように動かせず手間取りました。操作方法自体は難しくないものの、スムーズに取り外しするには何度かつけ外しの練習をして、慣れる必要があると感じます。

合皮ベルトに交換する場合も、操作方法は同じです。合皮ベルトのツマミを、シルバーベルトを外すときと同様に動かすと取り付けできます。

シボありの合皮ベルトは中央がふっくらとした立体的な形。腕に巻きつけたときの軋みが少なく、今まで見てきた付録腕時計の合皮ベルトの中では柔らかいほうでした。

ベルトの剣先側にはサイズ調節用の穴が7個あり、腕周り15cmの私は内側から2個目の穴がちょうど良かったです。

合皮ベルトで気になったのが、ツマミが出ている穴。生地が柔らかく、何度もつけ外しを繰り返していると穴が伸びて大きくなりそうな気がしました。

続いてナイロンベルトへの交換です。ナイロンベルトに交換する場合は、まずシルバーのベルトからツマミがついた芯材のみを取り出し、ケースに取り付けておきます。

ベルトの長いほうを芯材とケースの隙間に通します。意外とナイロンベルトの厚みが隙間ギリギリで、少し押し込むようにして入れ、少しずつ引っ張りながら通さなければなりません。ベルトを引っ張るだけでスルッと通せるかと思っていたので、想像より手間がかかりました。

長いベルトを通したら、剣先側を短いベルトに通します。

ベルト全体がまっすぐになるように位置を調整したら完成。

ナイロンのベルトは3種のベルトのなかで一番薄手で柔らかく、付け心地も良いです。他のベルトに比べて滑りが良く、このベルトのみベルトを引くだけで尾錠(びじょう)が動いてくれたのも便利でした。

唯一残念な点は、私の腕に対してベルトが長く余ってしまうこと。余ったベルトがピョンと飛び出してしまい、少し邪魔&見映えが気になりました。ちなみにサイズ調節用の穴は11個あり、腕周り15cmの私だと内側から4個目の穴がちょうど良い位置です。

ベルトが飛び出すのは、押さえるパーツが固定された定革(ていかく)のみで、自由に動かせる遊革(ゆうかく)がないのも原因のひとつ。ベルトが長い分、遊革も欲しかったと感じました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

付録の腕時計で交換用ベルトまで付いてくるとは・・・コスパが良すぎて驚き!メタル・合皮・ナイロンとそれぞれ異なる質感なので、服装やTPOで使い分けできそうなのも嬉しいです。細かい作業が苦手な私には交換に慣れが必要ですが、それを上回るメリットがあると思うのでせっせと練習に励みたいと思います。

以上、SPRiNG(スプリング)2019年11月号増刊《特別付録》ミッキーマウス腕時計+替えベルト2本のご紹介でした。

SPRiNG 2019年11月号増刊

発売日:2019年9月21日(土)
表紙:吉岡里帆
価格:1,300円
宝島社