雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

DIME(ダイム)2019年11月号《特別付録》超便利!デジタルスプーンスケール【購入開封レビュー】

デジタルスプーンスケールはどんな付録?

すくうだけで1gから500gまで、0.1g単位で重さが量れるデジタルスプーンスケール!

@DIMEより

スパイスや調味料はもちろん、ミルクやはちみつなどの液体も正確に量ることができます。料理に、ホビーに、ペットの食事の軽量に、使い方はあなた次第。

@DIMEより

【準備】
ボタン電池(CR2032)1個が必要です。私は100均で購入しました。
入れ方は簡単で、本体裏側にあるボタン電池入れにセットします。約30秒でできました。
工具は必要ありません。

【使用方法】
電源を入れて量りたいものを入れたりすくったりすると、液晶表示に数値が表示されます。

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA
<素材表記> ABS樹脂、ステンレススチール、PVC
<使用電池>ボタン電池(CR2032)1個 (別売り)

サイズはどれくらい?

500mlのペットボトルとほぼ同じサイズです。

<実測サイズ>
タテ・・5.5cm ヨコ・・23.5cm(最大)

付録を使ってみた感想は?

操作は簡単で、量りたいモノをスプーンに入れるとデジタル表示されます。
またスプーン部分には、メモリもあるので大さじや小さじとしても使えます。

毎日の生活で、いつも適当に入れて、ちゃんと量ればもっと美味しくなるのでは?と、気になっていたコーヒー豆をデジタルスプーンスケールで量ってみました。

1杯約10gが必要で、スプーンに静かに入れるとデジタルメモリが増えていきます。
スプーンにほぼ一杯で10.1gでした。

少し傾けると重さが変わってしまうので、水平に持つのがコツ。

表示は見やすく、使い方は簡単でした。

次にコーヒー豆をスプーン部分に入れて油分が少しついたのでお手入れしてみました。
スプーンのスケール部分のみ取れるということだったので、引っぱって取ろうと試みたのですが、硬くてとれない・・
あきらめて、布でふくと綺麗になりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

キッチンに置いておいたら、いつでも簡単に量れてとっても便利なので「あり!」。
いつも適当に量っていたコーヒー豆を、これからきちんと量って美味しく淹れることができます。それだけでも嬉しい!!
さっと手軽に使えるところが気に入りました。これから、どんどん使いたいと思います。

購入した付録つき雑誌/ムック

DIME 2019年11月号

発売日:2019年9月14日(土)
小学館