雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】sweet(スウィート)2019年12月号《特別付録》AHKAH(アーカー)ファー&ベロアポーチセット

2019年11月12日(火)発売のsweet(スウィート)2019年12月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

AHKAH(アーカー)ファー&ベロアポーチセットはどんな付録?

AHKAH特製
[アーカー] ファー&ベロア
ポーチセット

次号予告|sweet(スウィート)│宝島社より

[セット内容] ポーチ(ベロア素材)
サイズ(約)
タテ13×ヨコ21cm

ポーチ(ファー素材)
サイズ(約)
タテ13×ヨコ21cm、チェーンの長さ105cm

次号予告|sweet(スウィート)│宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

どちらのポーチもA6横向きが入るサイズ感で、最大容量は丸めたミニタオルが3個入りました。

<実測サイズ>

ベロアポーチ・・・縦 13.5cm×横 20cm

ファーポーチ・・・縦 13cm×横 21cm

チェーンストラップ長さ(調節不可)・・・111cm(留め具込み)

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポーチ:ポリエステル、亜鉛合金

チェーンストラップ:鉄、亜鉛合金

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

<ファー素材ポーチ>

表地は手触りふわふわのポリエステル素材のフェイクファー、指先でつまんで持ち上げられるぐらいの毛の長さがありました。

ブランドロゴは合金素材の接着で、ファーに埋もれてしまうので存在感は薄めです。

内布はしっとりした感触で、見た目はサテンのようなキメ細かい生地。

内側にウレタンのような、しなやかな柔らかさと弾力さを感じるシートが挟み込まれています。

 

<ベロア素材ポーチ>

なめらかでウェット感があるベロア生地。撫でると触れた跡がしっかりつきました。

内布はファー素材と同じ、サテンのような見た目と肌触りの生地でした。

ブランドロゴも同じく合金素材で接着仕様、こちらは遠目でも立体であることが確認できるぐらい目立ちます。

ベロアの方は芯材などは挟み込まれておらず、生地は薄手で折りたためるぐらいの柔らかさでした。

付録の品質はどう?

<ファー素材ポーチ>

表地は縫い目は見えず、サイドの縫い合わせもキレイ。しかし片方の角だけ、ファーがぱっくりと割れていました。

ぐるりと裏返してみると、パイピングからファーが飛び出しているところが3か所ほどありました。

ファーポーチとしての裁縫はやや雑な品質で付録感は否めませんでした。

 

<ベロア素材ポーチ>

表地のファスナー周辺のミシン目は2mm幅で細かく、まっすぐキレイに縫われていました。

サイド・底部分の縫い合わせ部分はミシン目が見えていたり、ズレていたりなどもせず美しく直線を描いています。

ファスナー両端から内側のパイピング生地が少し見えているところがあります。全体的にスマートに整った見た目なので、ちょっとチープ感が出ています。

しかし気になる点はその一か所ぐらいで、全体の裁縫は既製品に劣らない品質だと思いました。

付録を使ってみた感想は?

まず最初に感じたのがチェーンストラップが「重いっ!」というところ。

量ってみたところ、単体で50gありました。ずっしり感がすごいです。

調節不可、身長160cmの筆者が肩からかけてみるとポーチは腰の部分にきました。

チェーンは細く、重さがダイレクトに伝わります。そして薄着で試したので、肌に当たると冷たくて少し痛かったです。

肌当たりはあまりよろしくないですね。

<ファー素材ポーチ>

ファスナー開閉はファーを挟み込むこともなく、とてもスムーズでなめらか。高速で10回ほど開け閉めしましたが引っかかることはありません。

そしてファスナーの端とチェーンストラップ取り付け部分にレザー調の生地が使われていて、小さなおしゃれを感じてちょっとハッピーに(笑)しかも裁縫がキレイでした。

ポーチ本体は、手を入れると底にしっかりと届くので手先で中を探りやすかったです。サイズ的にメイク直し程度のコスメとか小物用になりますが、開口も普通で取り出しにくいということはありませんでした。

<ベロア素材ポーチ>

ベロアの方はポシェットで使うと、生地が薄いため頼りなさが出てしまいました。チェーンストラップとのバランスのせいかどうしてもペラペラ感が出てしまいます。

ストラップ取り付け部分を確認しましたが、しっかり縫い込まれていて大丈夫だと思うのですがやはり不安感が・・・。

ポーチとしての使い心地はファー素材よりも好みでした。

バッグの隙間にサッと入れられるので、メモ+ペンなどのステーショナリー収納に良いな~と感じました。

ファスナーも気持ちよく開け閉めできました!

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ポーチはファー素材の方は「う~ん」なのですが、ベロア素材の出来が良くて「あり」になりました!

裁縫品質の高さ、なめらかな触り心地、キュートな見た目は◎です。

チェーンストラップは正直ラグジュアリーどころか、かえってアンバランスさとチープ感が目立ったので使わないかな・・・(笑)

ポーチとして使うには全然問題なしですね。2点セットでお得だと感じる付録でした。

レビューした付録つき雑誌/ムック

sweet 2019年12月号

発売日:2019年11月12日(火)
宝島社

付録違いの2019年12月号増刊も同時発売です!