雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

marisol(マリソル)2019年12月号《特別付録》EFFE BEAMS(エッフェビームス)たためるワンショルダーバッグ【購入開封レビュー】

EFFE BEAMSたためるワンショルダーバッグはどんな付録?

秋のコーデにも合わせやすいブラウンベージュのワンショルダーバッグ♪
散歩がてらスーパーの買い出しの際も、お財布&スマホを内ポケットに入れ、メインバッグとしても活用できます☆

Marisol Onlineより

マリソルもすっぽり入る大きさ。 仕事で使うA4サイズの資料もラクラク入ります❤︎
折り畳んで小さくして、毎日持ち歩いています。
肩掛けが出来るのも、荷物が多い時には本当に助かります。

Marisol Onlineより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ本体にはB4サイズ、ポケットにはB6サイズのカードケースがすっぽり入りました。

バッグをたたむとA6サイズのカードケースとほぼ同じ大きさです。

最大容量は2リットルのペットボトル4本です。

<実測サイズ>
バッグ本体:タテ35cm ヨコ39cm マチ12cm ポケット 12.5×15cm
ショルダーベルト・・・全長60cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、PVC
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

バッグの素材は100均にあるエコバッグのようなペラペラとしたものとは違い、ハリと厚みがあります。このハリと厚みで、バッグ自体が丈夫な印象に見えました。
音でいうとシャカシャカした感じではなく、バサバサしているような音。似た感じの素材はウインドブレーカーですが、少し高級な厚手のウィンドブレーカーといった素材です。

バッグ表面の手触りはしっとりとした感触です。内側は同じような素材に見えるのですが、外側に比べるとさらさらとしていました。

バッグ本体周りのパイピングは、付録のたためるエコバッグのような素材には珍しく、高級感のあるレザー調のものが施されていました。

付録の品質はどう?

バッグ本体の縫い目はキレイに揃い、まっすぐに縫われているので既製品同様と言えます。

1点、ポケットのパイピングの始末が左右揃っていない部分が気になりました。

付録を使ってみた感想は?

バッグのサイズ感は、身長161cmでバッグを肩からかけると開口部は脇の下から約15cm、底部は脚の付け根ぐらいになりました。私の身長でしたら、ちょうど持ちやすい大きさでした。

ワンショルダーなのでショルダーベルトを肩に1本をかけたまま、バッグの開口部をパカッと開けて中身を見ることができます。大きく開くので底まで見渡せました。

見た目がビニール素材のようだったので、もしかすると防水機能があるかも?と思い、水をさっとかけてみました。結果、バッグ表面についた水ははじくことなく、じわじわと沁み込んでいきました。


内側は水滴にはなっていますが、表側から見るとじわっとしたシミのようなものができていたので、防水にはなっていませんでした。

約1時間後、バッグを見てみたら、表・裏、両方ともキレイに乾いていました。

バッグ自体の匂いは、全体的にビニールっぽい匂いがします。とくに表側より内側が結構匂いました。

耐荷重性が気になったので、約5キロのものをバッグの中に入れて持ちあげてみました。
バッグの形がやや変形し、本体と持ち手の結合部に伸びが見られたので、これ以上が入れないほうがよさそうです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

今回の付録は「たためる」ということで、個人的に薄手のエコバッグを想像していました。が、開けてびっくり!見た目や手触りなど想像を上行く高級感があるバッグだったので「あり!」。
バッグ本体周りや、内側のパイピングの色合いが本体の色にマッチしていておしゃれ感もバッチリです。
小さくたたんでバッグにインしておくのもよし、広げておいて買い物に持ち歩くのもよし!どうやって使おうかと考え中。
1点強いて言えば、バッグ開口部に何か留め具が付いていると中身が見えにくくなるので、もっと使い勝手が良くなるかなと思いました。

購入した付録つき雑誌/ムック

marisol 2019年12月号

発売日:2019年11月7日(木)
集英社