雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】 InRed インレッド 12月号 付録 ジャーナルスタンダード特製 チェック柄2層ポシェット

購入した雑誌/ムック

<雑誌>InRed(インレッド)
<発売日>2018年11月7日
<出版社>宝島社
<価格>890円

<コラボブランド>ジャーナルスタンダード

どんな付録?

「ちょうどよい」、品質にこだわった大人のアイテムを展開するブランド、ジャーナルスタンダードのWポシェットです。

大きさは?

高さ(最大):14cm
幅(最大):24㎝
厚み(2つ合わせて):2.5㎝
ショルダー:30㎝~60㎝

素材は?使用成分は?

2層に分かれたボディは片側はチェックのツイード、もう一方はブラックのレザー調です。

生地はしっかりと厚みがあり一見付録には見えないレベルです。

購入した感想は…

箱から出したところ片側が折れ曲がっていて、ちゃんと元に戻るのか気になりました。
しかもよく確認したら折れ曲がっているだけでなく商品が出来上がったときに生地をきれいにひっくり返せてなかったようでバッグの形が不自然になっていたのも残念ポイントです。少し固かったですが、なんとか力づくで形を整えました。

重さは180gとバッグとしては軽めですが、付録と考えるとしっかりした重さがある方です。合皮特有の臭いあり、少し臭いと感じました。
ファスナーチャームの部分の糸がどれもぼさぼさ…。切った方がいいかもしれません。

また、生地端からスポンジ?接着芯のようなものがはみ出ていました。これは少し不満です。いくら付録といえども検品しっかりやってほしいですね。

縫い方が曲がっているところなどは見当たりませんでしたが、以上のことから縫製レベルは微妙~やや悪いです。
2つのバッグ部分の間に隠しポケット、前面バッグの方にはカード入れが6個も付いていているところが便利です。


ショルダー部分は細めですがしっかりしていて長さ調整もできます。
柄の部分はひとつひとつ違うということですが、チェックがバッグに対して並行じゃないのですが。うーん…。

モノトーン系チェック×ブラックの合皮が大人女子っぽくて◎シンプル服でも却って際立たせてくれます。
お財布にもなり、ミニバッグにもなり1つで2役は活躍してくれる優れものです。横幅がしっかりあるので一般的な長財布なら十分入りますし、スマホ、財布、メイク道具などは余裕で入ります。
ただしマチは小さめなのでたくさん荷物を入れるとパンパンになってフォルムが崩れるので注意です。
さすがにマチはあまりないのでペットボトルなど厚みのあるものを入れるのは無理です。
ショルダーの紐は取り外しができるのでクラッチバッグとしても使えます。
ブラックのタグにシルバー刺繍のジャーナルスタンダードのロゴが冬コーデにピッタリです。プリントではなく刺繍になっているところが安っぽくなくていいですね。

まさにインレッドっぽいカッコイイ女子を演出できるアイテムです。

チェックなのでコーデはシンプルなのものが合うかな、と思いましたがロゴの方を表に持ってくればポシェットの方がシンプルになるのでどんなコーデにも合いそう。
ちょっとした外出には十分な収納で、ちょっとそこまでなのにきちんと感も出せるアイテムです。

インレッドでは2018年9月号でビームスライツコラボのお財布ポシェットが付録になっています。カード入れが充実しているなどの共通点はありますが、カラーが全く違うので両方持っていてもコーデで使い分けができます。

お得度メーター

今回は辛口にいきます。色々と不満部分があり、残念ながら3点ですね。色合いや雰囲気は可愛いのでおまけです。
検品をしっかりして欲しい!

付録フォトギャラリー

次回予告

インレッド12月号はムーミン冬の3点セット「リトルミイ」のトート・ステッカー・ぽち袋、キャスキッドソンの2019カレンダーの豪華2大特別付録です。