雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】In Red インレッド 12月号 ジャーナルスタンダート仕切り上手なWポシェット

購入した雑誌/ムック

<雑誌> In Red インレッド 12月号
<発売日>2018年11月7日
<出版社>宝島社
<価格> 890円

 

どんな付録?

ジャーナルスタンダード特製 チェック柄2層ポシェット

大きさは?

サイズ(約):高さ13×幅23×厚さ4cm
重さ:175g(ショルダー含む)

素材は?使用成分は?

表側はツイード素材。裏側は黒のレザー調、上品な光沢感ありです。

購入した感想は・・・

インレッド12月号の付録はジャーナルスタンダード特製Wポシェットです。

このポシェット、リバーシブルになっています。表側はツイードのチェック柄。
温かみのあるチェックのカラーはざっくりしたニットなど秋冬のコーディネートに良く合いそうです。

裏側はシボ調の凹凸のある黒のレザー風で、こちらにはジャーナルスタンダードのブランドタグ、
さらにはファスナー付きポケットがついています。

ブランドタグはキラキラした生地で、ロゴもシルバー。細かいところに気が利いています。

 

両方のポシェットを比べるとツイードの方がマチが大きい分、容量があるようです。

リバーシブル仕様ということでどちらを表にしてもOk。気分で持ち替えることができそうです。

 

そして、このポシェットはWポシェットという名称だけあって、特徴は2層に分かれていること。
上部のファルナーを開けると中が大きく2つに分かれています。

イメージの違う表地ですが内側はどちらもシンプルな黒のポリエステル生地が使われています。

収納については、ファスナーを開けるとレザー調側にはカード入れが。

6枚のカードが入れられます。


これだけあれば、キャッシュカードからポイントカードまでを一通り収納して、お財布代わりにも使えそうです。
また外側のファスナー付きポケットはポシェット本体と同じ幅があるのでスマホやチケットなども収納できます。

ツイード側は仕切りのない大きめのポケット。マチは2㎝ほどあり、こちらはコスメやタオルなどざっくりと収納するのに便利そうです。

さらに2つのポシェットの間にも隠しポケットが。隠しポケットはファスナーなどは無く、マチも無いのでカード入れといった感じです。

この隠しポケットにICカードなどを入れておけばそのままタッチ&ゴーが可能。
2つのポシェットの間にあることで、外から見えない&落としにくくなっています。この隠しポケットはWポシェットならではですね。

付属のストラップもレザー調です。梱包時の跡がついていますが、使用しているうちに目立たなくなってくるでしょう。
もちろん長さ調整可能。長さは一番短い状態で30㎝、長い状態で60㎝でした。もちろん斜めがけにできる長さがあります。
ポシェット本体へはカニカン金具で取り付けます。

残念なのは縫製に雑な部分があること。上の画像でもわかる通り今回購入した付録ではチェックが曲がっていました。
柄の位置は1点ずつ異なりますと記載があるものの、曲がっているというのは想定外。
ツイードの生地感も高級感がありとても良かったので、生地の良さが台無しになってしまい残念です。

とはいえ、全体的には生地の質感をはじめとして、雑誌の付録とは思えないクオリティの高さ。隠しポケットもなかなか他にはない機能でお得感がありました。

お得度メーター

付録フォトギャラリー

次号予告

インレッド1月号の付録はムーミン冬の3点セット 「リトルミィ」のトート・ステッカー・ぽち袋です。