雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】InRed(インレッド)2018年12月号+ジャーナルスタンダード仕切り上手なWポシェット

購入した雑誌/ムック

<雑誌>  InRed(インレッド)2018年12月号

<発売日> 2018年11月7日

<出版社> 宝島社

<価格>  ¥ 890

どんな付録?

ジャーナルスタンダード特製の仕切り付きWポシェットです。使いやすい2つの仕切られたポケットと、収納力が魅力です。

大きさは?

ポシェット:高さ13×幅23×厚み4センチ/重さ178g

ショルダー:長さ30~60センチ

コンパクトな見た目ながら、薄型の長財布も収納できるサイズ感です。

素材は?使用成分は?

表面:薄手のツイード生地

その他:厚めのレザー調の生地

気になるほどではありませんが、独特の刺激臭があります。

購入した感想は・・・

表側は今期トレンドのグレンチェック柄を使用したツイード生地、裏側はしっかりした厚みと表面の質感が高級感のあるレザー調生地です。インレッド世代にぴったりなきちんと感のあるチェック柄なので、カジュアルな服装だけでなく、ややフォーマルなファッションにも合いそう。シンプルなファッションのワンポイントにも使えそうですね。

裏側にはジャーナルスタンダードのロゴタグがついています。ポシェットに使われているツイードやレザー調生地はどちらも高級感があり、一見インレッドの付録とは思えない仕上がり。ショルダー紐は取り外し可能なので、紐をつけてショルダーバッグ、紐を外してクラッチバッグ風に使うことも可能です。

質感やデザインは満足なのですが、唯一気になったのはショルダーの紐が折りたたんで梱包されているため、折り目が強く残っているところ。使用しているうちに目立たなくなるとは思いますが、使い始めは気になりそうです。せっかく高見えするデザインなのにもったいないですね。

ポシェットは大きく2つのポケットに分かれています。表側は仕切りのない大きなポーチのような作りで、マチがあり収納力抜群。チャックも大きく開くので、出し入れもしやすいです。

裏側はマチはありませんが、カードなどが入る仕切りが6箇所付き。カードのサイズよりゆとりがある作りなので、カードを何枚も重ねて入れたり、ちょっとした小物も入れたりできます。

実際どれくらい収納できるか試してみたところ、長財布・メモ帳・小銭入れ・スマホ・ボールペン・リップがこのポシェットひとつに収まりました。かなりの収納力です。

2つにポケットが分かれているので、よく使うスマホと財布をマチのある表側に、その他のものは裏側にと分別して入れられるのも嬉しいですね。これだけでも十分な収納力がありますが、実はこのポシェットの収納はこれだけではありません。

実は表側のポケットをめくると、ICカード1枚がぴったり入るサイズの隠しポケットが!ポシェットの中でカードが迷子になることなく、スマートに取り出すことが可能です。

さらに裏側にはポケットティッシュが入るくらいの大きさのチャック付きポケット付もついています。ここに家の鍵などを入れておくのも良いですね。この2つの小さなポケットのおかげで、さらに外出が便利で快適になるでしょう。ちょっとした外出だけでなく、旅行でも活躍すること間違いなしです!

お得度メーター

通常このようなポシェットを購入する場合、数千円はしますよね。付録でこのクオリティはお得だと思います。

次号予告

インレッド1月号は以下の豪華2大特別付録です。

・ムーミン冬の3点セット(リトルミイのトート・ステッカー・ぽち袋)

・キャスキッドソンの2019カレンダー