雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】MonoMax(モノマックス)2020年1月号《特別付録》ナノ・ユニバース 工具セット

2019年12月9日(月)発売MonoMax (モノマックス)2020年1月号のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承くださいませ。

※付録違いの2020年1月号増刊も同時発売です。

ナノ・ユニバース 工具セットはどんな付録?

特別付録はナノ・ユニバース 工具セット

豪華なハードケース付き!

ナノ・ユニバース 工具セット – 付録ライフ

セット内容

ペンチ、±ドライバー、カッターナイフ、六角レンチ5点セット、両口スパナ、メジャー

ナノ・ユニバース 工具セット – 付録ライフ

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記>

●ケース/HDPE ●六角レンチ/鉄、PP●メジャー/ABS、ステンレス●両口スパナ/鉄●カッターナイフ/鉄、PS●ペンチ/鉄、PP●ドライバー/鉄、PP●グリップ/PP

サイズはどれくらい?

ケース(閉じた状態)はB6ヨコサイズです。

各工具ははがきサイズ~交通カードサイズでした。

付録を使ってみた感想は?

ケース

素材は高密度ポリエチレンとよばれるもので、引っ張り強さや衝撃強さに優れているといわれています。触るとザラザラしており、手に持つと軽量。見た目はプラスチックケースと変わりません。

各工具を収納スペースに「カチッ」と音がするまでしっかり入れないと、開閉の際にバラバラになってしまいました。ケースの閉め口は固すぎず、ゆるすぎずちょうどよい塩梅です。

六角レンチ

手持ちの六角レンチより短めのサイズ。手でぎゅっと握りにくかったです。重みは既製品なみにずっしとしていました。

サイズは規格の記載がありませんでしたが、サイズは2・3・4・5・6に対応しているようです。

メジャー

手に持つとかなり軽量なメジャーです。既製品のメジャーと比較してみたところ、数値に誤差はありませんでした。

両口スパナ

手が小さめの私でギリギリ握れるサイズ感。ペラペラしておらず、ほどよい重みがありました。こちらも規格が明記されていませんでした。サイズはおそらく12mmと10mmだと思われます。

カッターナイフ

カッターも軽量で、付録らしい品質。切れ味はバツグンで段ボールのカットもらくらくできました◎

ペンチ

実際に持ってみると、ずっしりとしていて重厚感があります。握りやすく、安定感のあるグリップです。

ドライバー&グリップ

グリップは軽量のプラスチック素材。グリップにドライバーを装着すると長さがでてしっかり握ました。力も入れやすかったです。

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

本格的な工具が、コンパクトな収納ケースもついていて「あり!」

工具もそれぞれ普通に使用できたので、これを買っておけばDIYなどに活躍してくれそうです。ケースを閉じるとハードカバーの本ぐらいの厚みと大きさのため収納にも困らないのもGOOD!

以上、MonoMax(モノマックス)2020年1月号の付録、ナノ・ユニバース 工具セットのご紹介でした。

MonoMax 2020年1月号
発売日:2019年12月9日(月)
宝島社