雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

GINGER(ジンジャー)2020年1月号《特別付録》GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)×本革調マルチポーチ【購入開封レビュー】

GALLARDAGALANTE×本革調マルチポーチはどんな付録?

#GINGER1月号 の特別付録は、#ガリャルダガランテ とコラボしたエコレザーマルチポーチがついてきます

gingermagazineより

ただのポーチではありません‼️開くとマチがたっぷり開くので見た目以上に大容量✨
コスメポーチはもちろん、お仕事ガジェットも楽々インできます

gingermagazineより

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

マチが広く、A6サイズのカードケースが入ります。

ただ、ファスナーを閉めると、丸まるので折り目などが付いてはいけないものは入れないほうがいいです。

最大容量・・・フェイスタオル(32×78cm)2枚

<実測サイズ>
タテ10cm ヨコ20cm マチ12cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC、革、ポリエステル、合金
<製造国> 中国

付録素材を見た、触れた感じは?

エコレザーを使ったポーチの表面は細かいシボが入っていて、手触りはしっとりとしています。
素材のハリが底部と開口部で少し違いがあり、底部はふんわりと柔らかめ、開口部は芯が入っているようなハリがありました。

ポーチの内側は、ツルリとした滑らかな手触りの裏地が施されていました。縫い端はパイピングされています。

付録の品質はどう?

ポーチの縫い目は揃い糸端の処理もキレイで、縫製は既製品同様です。

ただ、ポーチの形に歪みや、縫いツレが見られます。
ファスナーを閉めて、底部から見ると、左右均等ではなく、歪んでいる様子がわかります。

底部の一部に縫いツレがありました。

付録を使ってみた感想は?

【開口部】
とても広く開く開口部は、中身が一目瞭然。隅々まで見渡すことができます。

【ファスナー】
上から見ると、開口部にあたるファスナーが波打っていました。
波打っている部分を気にしつつ、ファスナーを連続10回開け閉めしてみると、開けるときにはスムーズなのですが、閉めるときに一定の場所でひっかかってしまいました。

10回中8回、ファスナーを閉めるときに開口部の真ん中あたりでつっかかりました。
10回以降、何度か開け閉めしてなじんできたのか、最初の頃よりはスムーズになりましたが、4回に1回程度はどこかでつっかかります。
波打っている部分に歪みなどがあるのか、残念です。

【匂い】
気になるような匂いは、ポーチの外側、内側、どちらもありませんでした。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

たくさん入って便利そう!!なんだけど、かたちの歪みやファスナーの開け閉めなどが気になるので「うーん・・」。
縫製はとても綺麗で既製品のようなのに、とっても残念です。
手持ちのメガネケースが入るので、小物を入れて持ち歩きたいと思いますが、今後はこの形で、もう少し使いやすくなることを期待しています!!

購入した付録つき雑誌/ムック

GINGER 2020年1月号

発売日:2019年11月22日(金)
幻冬舎