雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2020年2月号《特別付録》KINOKUNIYA(紀ノ国屋)の特大お買い物バッグ

2019年12月26日(木)発売のotona MUSE(オトナミューズ)2020年2月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。

※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

KINOKUNIYA(紀ノ国屋)の特大お買い物バッグはどんな付録?

紀ノ国屋とのコラボアイテムが登場。
ブラウンカラーのKINOKUNIYAロゴの特大お買い物バッグです。

宝島チャンネルより

サイズ(約):H36×W37×D15cm

宝島チャンネルより

付録違いの2020年2月号増刊も同時発売です。
※増刊はセブンイレブン&セブンネットショッピング限定販売

届いた箱のサイズは、A4よりやや横長サイズ。

開封すると、トートバッグが6つ折りで入っていました。

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

バッグ・・・B5ノート見開き(B4ヨコ相当)サイズ

内ポケット・・・B6ノートタテ向き

最大容量は1.5Lペットボトル8本分です。

<実測サイズ>
タテ36×ヨコ38×底面15cm

公式情報と大きな誤差はありませんでした。

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、綿

<製造国> MADE IN CHINA


付録素材を見た、触れた感じは?

バッグの生地はキャンバス風のコットン。付録の中では厚手で、やや硬くハリがあります。バッグの中は裏地もコーティングもなく、表地と全く同じです。

柄はシルクプリント。インクの載っている部分に艶はなく、キャンバス地と同じマットな質感です。バッグ内に特に気になる臭いはありませんでした。

付録の品質はどう?

縫い目の幅は4mmとやや大きめなものの、直線で縫われていて変形はありません。ただ、バッグ内の一部に糸の飛び出しがみられます。わずかに既製品に及ばない品質です。

付録を使ってみた感想は?

・持ち手
身長161cmの私が肩にかけると、開口がアンダーバスト位置にきます。私物のトートと同じくらいの位置で、使いやすいです。

生地に厚みがあるおかげで、重い荷物を持ってもへたりにくいのが便利。それでいて適度な柔らかさもあって、手や肩への当たりが優しいのも良いです。ただ私の身長では、手持ちだとバッグを引きずりそうな長さになるので、肩掛けオンリーで使います。

・内ポケット
バッグ本体と同じ生地で作られてポケットは、中に荷物を入れても変形しにくいのが良いです。両手を並べて入る大きめサイズで、中身の取り出しもスムーズでした。

・スナップボタン
プチッと音がしてしっかり閉まります。バッグ縁を左右に引っ張るだけで簡単に開き、硬さもちょうど良かったです。

・耐荷重
バッグに突っ張りなく使える重さは6kgまで。もう少し重くても耐えられそうではありましたが、バッグの突っ張りが目立ちました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

一瞬「紀伊國屋で売ってるやつ?」と思えるほど、そのまま売ってそうな見た目のこのバッグ。紀伊國屋で販売されている定番のエコバッグと同じように、マチが大きく大容量で使いやすいです。

個人的には店舗で販売されているナイロンバッグより、こちらのバッグのほうがカラーリングが明るく、生地が丈夫そうなところが好みでした。重たいものも安心して持てる安心感があるので、お買い物はもちろんそれ以外でも活躍してくれそうです。

以上、otona MUSE(オトナミューズ)2020年2月号《特別付録》KINOKUNIYA(紀ノ国屋)の特大お買い物バッグのご紹介でした。

otona MUSE 2020年2月号

発売日:2019年12月26日(木)
価格:980円
宝島社