雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【発売前レビュー】SPRiNG(スプリング)2020年2月号《特別付録》SNOOPY(スヌーピー)バッグの中が散らからない4ポケットポーチ

192019年12月23日(月)発売のSPRiNG(スプリング)2020年2月号の付録のみを、出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

SNOOPY(スヌーピー)バッグの中が散らからない4ポケットポーチはどんな付録?

SNOOPY
[スヌーピー] バッグの中が散らからない
4ポケットポーチ

次号予告|SPRiNG(スプリング)│宝島社より

サイズ(約):幅24×高さ18.5cm

次号予告|SPRiNG(スプリング)│宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

ポーチ全体の大きさはB5サイズ横向きと幅も高さも、ほぼ同じ大きさでした。

4ポケットの収納サイズは上から、

  • 1段目、2段目→A5サイズ横向き
  • 3段目→B6サイズ横向き
  • 4段目→B7サイズ横向き

<実測サイズ>

ポーチ・・・縦 19cm×横 24cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> PVC・ポリエステル

<製造国> MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

ポーチ表地はポリエステル素材のレザー調生地で細かなシボ加工が施されています。手触りはしっとり。

生地の厚みはやや厚手、くるくると丸められるしなやかな柔らかさがありました。

ロゴとスヌーピーのデザインはシルバーの箔押しで、遠目でもキラリと目立ちます。

内布はサラサラとした光沢があるポリエステル生地で、ペラペラとした薄さです。

付録の品質はどう?

表地のファスナー周辺のミシン目は3mm幅で、まっすぐ一定にキレイと裁縫されています。

ラウンドカーブはキレイな丸みではなく、少しカクカクとした裁縫でした。

1段目ポケットはファスナーを閉めた際に、右側の生地が山のように飛び出ていました。

裁縫品質はキレイな部分がありながらも、目に付く箇所があったため、既製品にはやや劣る印象です。

付録を使ってみた感想は?

ファスナー引手のチャームはウッドストックデザイン、持ちにくいということもなく、開閉も引っかかりもなくとてもスムーズでした。

開口もすべてガバッと開き、中もとても見やすく取り出しも問題なし。

1段目のポケットはポーチ縦と同じ大きさで、手を入れると手首部分までの深さがあります。手帳やモバイルバッテリーなど高さがある物や、厚みがある物も余裕で収納できるサイズ感。

3段目・4段目は少しずつ浅くなっていきますが、幅が広いのでペンやチークブラシなど横長の小物の収納にぴったりでした。

お泊まり用のコスメポーチや文房具入れとしても使い勝手はもちろんOK!

私は領収書や仕事用の通帳、印鑑などを入れてみましたが問題なく収納可能。大容量さとシンプルな作りは、自営業の方やフリーランスの方のマルチポーチとしても便利そうです。

母子手帳も一番大きなサイズが入りましたし、小分けがめんどくさい筆者は4段目に診察券などのカード類をガサッと収納するのもアリかな?と企てています(笑)

この付録、アリ?ナシ?

あり!

カーブ部分の粗さ、ファスナー部分が山になるなど気になる点はありましたが、ポーチ自体のクオリティはパッと見た感じや素材の触り心地などは既製品と大差はないかな?と思える作りです。

生地が厚手で品と丈夫さが感じられるし、スヌーピーデザインも甘すぎずにシンプル。そしてファスナー引手のウッドストックの行列はほっこりしちゃうキュートさが感じられます。

使い勝手は文句なし。全部のポケットに詰め込みすぎちゃうとパンパンになりますが、欲張らなければ見た目もスッキリと収納できるのでスマート!バッグに忍ばせておきたい万能ポーチだと感じました。

レビューした付録つき雑誌/ムック

SPRiNG 2020年2月号

発売日:2019年12月23日(月)
宝島社

付録違いの2020年2月号増刊も同時発売です。