雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

たのしい幼稚園 2020年2月号《ふろく》ぴかぴか☆ゲームポッド【購入開封レビュー】

ぴかぴか☆ゲームポッドはどんな付録?

今月号の付録は、ライトが光って音が出る「ぴかぴか☆ゲームポッド」です。
「フルーツさがし」や「みぎひだりゲーム」など4つのゲームと「ラッキーうらない」で学びながら遊べる、おしゃれでたのしいゲームポッドです♪ お友達と一緒に遊んでゲームクリアしてね☆

講談社こども倶楽部より

【遊び方】
ゲームポッドの内容は、4つのゲームとうらないの合計5種類。

  1. フルーツさがしゲーム
  2. ライトきおくゲーム
  3. みぎひだりゲーム
  4. ボタンはやおしゲーム
  5. ラッキーカラーうらない

それぞれゲームスタートボタンで切り替えて遊びます。

原産国は?素材は?

<製造国> MADE IN CHINA

<素材表記> 本体:ABS ボタンシート:紙、PP

<使用電池> 単4乾電池2本(充電池は不可)



電池はネジを1箇所外して、ふたを開けると交換できます。

サイズはどれくらい?

交通系ICカードよりひとまわり大きいサイズです。

付録を使ってみた感想は?

ゲームポッドは大人が片手で持てるサイズ感。約2cmとしっかりした厚みがあって握りやすいです。ボタンは我が家の2歳児も操作できているので、硬さも感度も良好。操作のしにくさはありませんでした。

では、ひとつずつ遊んでみます。

・フルーツさがしゲーム
ゲームポットが読み上げるフルーツを探して、「ピッ」の音の後に読まれたフルーツのボタンを押すゲームです。右左ボタンは使用せず、フルーツ・カラーボタンのみ使用します。

ゲームはレベルアップがあり、内容は以下の通りでした。

  • レベル1:フルーツ1種類×3回
  • レベル2:フルーツ2種類×2回
  • レベル3:フルーツ3種類×2回
  • レベル4:フルーツ4種類×1回

レベルアップすると「レベルアーーーップ!」の音声とともに、ライトがひとつずつ点灯していきます。下の写真はレベル1をクリアして、レベル2になったところです。

レベル3をクリアして、ついにレベル4!クリアまであと1問です!

レベル4も無事クリア。全部クリアすると、♪チャッチャラ〜♪「やったね〜!」という音声とともに、4色のライトが点滅します。わ〜い!嬉しい♪

大人からすると簡単なゲームではあるものの、4種類のゲームの中でこのゲームが一番時間がかかります。またフルーツの種類も8種と他のゲームに比べて選択肢も多いので、長く楽しめそうです。

私ははせっかちなので、「ピッ」の音声を待たずに押してしまい、ボタンがカウントされていないこともしばしば。落ち着いてプレイを推奨です。

・ライトきおくゲーム
その名の通り、ライトが光る順番を覚えて「ピッ」の音の後に、光った順にボタンを押すゲームです。フルーツさがしゲームと同じく、レベルアップがあります。こちらも右左ボタンは使用せず、フルーツ・カラーボタンのみ使用。ゲームの内容は以下の通りでした。

  • レベル1:ライト点灯2色×2回
  • レベル2:ライト点灯3色×2回
  • レベル3:ライト点灯4色×1回

ゲームの内容としてはフルーツさがしゲームとそう変わらないのですが、こちらはライトが点灯するだけ。視覚情報のみで読み上げなどの音声がないため、耳から覚えるタイプの私には記憶に残りづらい・・・レベル3では少しひやっとする場面もありました。でもなんとかクリア!

全部クリアすると、♪チャッチャラ〜♪「やったね〜!」という音声とともに、4色のライトが点滅するのもフルーツさがしゲームと同じでした。

・みぎひだりゲーム
ゲームの音声に従って、右か左のボタンを押していくゲームです。レベルアップはなく、出題は5問。「ピッ」の音の後にボタンを押すルールも、前出のゲームと同じです。

問題は「右を押して」など「〜を押して」の指示のほかに、「〜を押さないで」という出題が混じっているのがポイント。例えば問題が「右を押さないで」なら、右を押さない=左を押す、が答えになることに気付けるかがキモです。これに気付けると簡単ですが、たの幼世代はきっと一度はつまづくハズ。大人がヒントをあげるなどフォローしてあげると良さそうです。

クリアすると他のゲーム同様、♪チャッチャラ〜♪「やったね〜!」という音声とともに、4色のライトが点滅します。

・ボタンはやおしゲーム
「よ〜い、スタート!」の音声後約10秒、右ボタンと左ボタンを連打して、ランプ4つ全部点灯させられたらクリアというゲームです。

連打の回数によって、ひとつ、ふたつとランプが順番に点灯していきます。一番短時間で楽しめるシンプルなゲームな反面、1秒間に2回くらいは連打しないとクリアには到達しないので、大人でも油断はできません。

唯一我が家の2歳児も楽しめるゲームだったものの、やはりクリアは難しく・・・。何度やってもランプ点灯は3つ止まりで、♪チャッチャラ〜♪「やったね〜!」の音声は聞けずじまい。たの幼世代なら頑張ってクリアできるレベルなのかなと思います。

・ラッキーカラーうらない
好きなフルーツを3つ選んでミックスして、ジュースを完成させます。私はオレンジ、りんご、レモンを選択。

右左ボタンを押して、フルーツをミックス。ジューサーで混ぜているかのような「ザーザー」という音が8回流れると・・・「 ♪ ジュース完成ー!今日のあなたのラッキーカラーは・・・あかだよ!」

えっ・・・何故?

根拠が気になり何回か同じ組み合わせで遊んでみたところ、毎回違う結果に。つまり結果はただのランダムということがわかりました。根拠とか気にしてごめんなさい・・・と、純粋に遊びを楽しめない大人のダメなところを突きつけられる結果になりました。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

相変わらず「今の付録はこんなものまで作れるのか〜」と感心させられる付録でした。子どもが理解しやすいシンプルなゲーム内容と、女の子が好きな「うらない付き」というところもツボを押さえていると思います。

ただ、今の子達ってデジタルネイティブ世代なので、もしかしたらこの付録は物足りない子もいるのかも・・・というのが少し気になるところ。お子さんによっては「スマホのほうが良い〜」と言われてしまうのでは、と勝手に心配になりました。私自身はこういうシンプルなゲーム好きなので、今子どもなら絶対ハマるんですけどね〜

購入した付録つき雑誌/ムック

たのしい幼稚園 2020年2月号

発売日:2019年12月26日(木)
価格:980円
講談社