雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

おともだち 2020年2月号《おもちゃふろく》こむぎねんどでおすしやさんあそび【購入開封レビュー】

こむぎねんどでおすしやさんあそびはどんな付録?

今月の付録は、「こむぎねんどで おすしやさん」♪

こねて、つめて、かさねてどうぞ!
ねんどでとってもリアルなお寿司がつくれちゃう☆

おともだち2月号 | 講談社こども倶楽部より

原産国は?素材は?

<製造国> 中国 MADE IN CHINA

<素材表記>ねんど:こむぎ、塩 抜き型:PP

サイズはどれくらい?

具材抜き型はポケットティッシュぐらいの大きさ。シャリ抜き型は、開いた状態で交通カードサイズです。

完成した粘土のお寿司は、100円玉2枚分ぐらいのサイズ感になりました。

付録を使ってみた感想は?

まずは本誌についているお寿司屋さんや回転台、お皿などを切り取り組み立てていきます。これらはボール紙でできており、組み立てに10分ほどかかりました。

抜き型は具材とシャリ用の二種類あります。小麦粉ねんどは6本(白2色、オレンジ1色、黄色1色、ピンク1色)が入っていました。いくら、えび、サーモン、たまご、まぐろのお寿司が作れます。

早速、お寿司を作ってみましょう。

シャリ作りからスタート!

白い粘土を1本のうち三分の一ほど入れて……

ぎゅっ!

開いてみると……うーんシャリ感がいまいち。粘土の量を増やしてもう一回チャレンジ!

じゃーん!たっぷり粘土を入れたらしっかりシャリ感がでました。やっぱりケチっちゃだめだ。

白い粘土2本でシャリが4個できました。

ネタは一気に作ってしまいましょう。向かって左からいくら、エビ、サーモン、まぐろです。なんだか小麦粉ねんどの油で手がギトギトしてきた……。

型にいれて、ぎゅっぎゅっと押さえます。

 

あっという間にネタも完成!シャリにネタを乗っけて……おっと、いくらに巻くのりの長さが届かないハプニング。そのままでだしちゃえ!

さあお寿司屋さんの開店です。

お寿司屋さんの回転台はくるくる回ります。たくさん食べてね!

 

この付録、アリ?ナシ?

あり!

本格的なお寿司をかんたんに作れて楽しい!ミニサイズの小麦粉ねんどなので、場所をとらないのも良いです。年末年始の帰省の際に、このお寿司屋さんで子供と遊び倒したいと思います。本誌には絵本やシール、工作ブックなどもあったので大活躍してくれそう!寿司作りに親もハマってしまったので一緒に楽しみます。

ちなみに収納する袋がついていないため、遊び終わった粘土はジップロックに収納しました。

購入した付録つき雑誌/ムック

おともだち 2020年2月号

発売日:2019年12月26日(木)
価格:820円
講談社