雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】たのしい幼稚園12月号・付録 うつしえライトボックス

購入した雑誌

〔雑誌名〕たのしい幼稚園 12月号

〔出版社〕講談社

〔発売日〕2018年11月1日

〔定価〕920円(税込)

どんな付録?

たのしい幼稚園12月号の付録は「うつしえライトボックス」と

「にんきものうつしえシート&うつしがみ」です。

うつしえライトボックス。

ピンクの本体と上部のリボンが「HUGっと!プリキュア」に出てくる

ミライパットを彷彿とさせるデザインです。

本体裏に単4電池を3本入れるところがあります。

ここに電池を入れて、本体の底にあるスイッチを入れて

ライトを点灯させて使います。

「にんきものうつしえシート」は、本誌のとじ込みに入っているので、

ハサミで切り取りました。プリキュアの5人の女の子とはぐたん、ハリー、

りかちゃん人形のりかちゃんとみさきちゃんが描かれています。

そして、はぐたんとハリーを除く7人の女の子に着せ替えできるように

さまざまな種類のドレスの写し絵も入っています。

全部で63通りの絵が描けるというわけですね!

大きさは?

大きさ たて16.7cm×よこ12.5cm×幅2cm

重さ 電池なしの状態で127g  電池ありの状態で161g

購入した感想は?

使い方は、写したい絵の上に写し紙を重ねて、鉛筆でなぞるだけ。

このように、ライトボックス上部の隅と下部のハートの部分に、

ちょうど紙が入るくらいのスキマがあります。

ここに写し絵と写し紙を挟んで描いていきます。

 

わが家の5歳の娘は、描いているうちに

「紙がずれちゃう~」と、かなり苦戦していました。

おっと、これは5歳児にはちょっと早すぎるのでしょうか…?

娘は写した絵でぬり絵がしたいと言うので、

母親である私が写して描いた紙を娘に渡し、

娘本人はぬり絵を楽しんでいました。

大人が使うには簡単で、1つのキャラクターで5分程度でささっと描けましたよ。

お得度メーター

他のイラストとの汎用性も高く、電池を交換すれば長く使えるので満足しています。

付録フォトギャラリー

 

次号予告

 

次回の付録も楽しみですね。