雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【購入レビュー】リンネル 2月号 付録 ジャーナルスタンダードレリュームの軽くてふわふわキルティングリュック

購入した雑誌/ムック

<雑誌>リンネル
<発売日>2018年12月19日
<出版社>宝島社
<価格>1080円

<コラボブランド>ジャーナルスタンダードレリューム

どんな付録?

背伸びをしない「ちょうどよい」大人のファッションを提案するブランド、JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダードレリューム)のふわふわキルティングキルティングリュックです。

大きさは?

高さ30㎝×幅22cm×マチ10㎝

素材は?使用成分は?

ポリエステル

購入した感想は…

重さは183gとかなり軽量のリュックです。
気になる臭いは特にありません。

キルティングとしては薄めの生地ですが、ふわふわで優しい手触りです。綿が挟んであるだけあって、表生地に関しては割としっかりしています。
生地はほんのり起毛しているので、ホコリが付きやすいのがやや気になります。

型紐は厚みがあり、長さ調節ができるという点はポイントが高いです。

ただ気になるのは、上の型紐部分と下の調節部分が紐の幅が違うのですが、これは何か意味があるのでしょうか…。

タグはスウェード調のキャメル色。ロゴは型押しになっていて主張しすぎていないところがいいですね。

縫製レベルは微妙です。内側のパイピングが表裏でずれていて危うく縫い目がおちそうな怪しい個所が結構あります。

それと、糸始末が適当すぎます。どこもかしこもぼさぼさ!

あとは、表にポケットがあるからなのか内布が寄れすぎで、表側ポケットの上部の生地も型崩れしています。作る段階できちんとアイロンなどをされずに縫われたんでしょうか。


ちょっとがっかりです。

コロンとしたフォルムで、デザイン的には可愛いです。

また、起毛キルティング×スウェード調のタグが冬っぽくていいですね。ファスナー部分にもスウェードの紐が付いています

A4サイズがぎりぎり入らないのは少し残念ですが、マチがたっぷり10㎝あるのでちょっとしたお出かけ用としては十分荷物が入る大きさです。
程良いサイズ感ですが、旅行用とまではいかないです。子連れママさんでしたらちょっと近くの公園に行くくらいでしょうか。
ただ、本体のファスナーが半分くらいのところまでしか開かないので、大きな荷物だと少し入れづらいです。

内ポケットがないのも残念ポイントの1つです。やはり小さいポケットが1つはあった方が、カギやリップなどを入れたりするのに便利ですよね。

カラーが黒で使いやすいのでどんなコーデにも合わせやすく、ラフに普段使いできる感じです。
リンネルっぽくざっくりニットやちょっとメンズライクなゆるいコート合わせると可愛いかも!

近年のリンネルの付録ではリュックは出ていないようです。ジャーナルスタンダードレリュームのバッグはデイパックが20,000円程するのでお得感はありますね。

お得度メーター

使いやすさやちょうどよいサイズ感など評価したいところもありますが、縫製が残念すぎて2点にします。
ちょっと付録でも微妙なレベルですね。

付録フォトギャラリー


次号予告

リンネルの2019年3月号付録は、リサ・ラーソンとコラボレーション。
クッション性のある素材に人気キャラクターをプリントしたスポーティーなポーチ3点とミニ缶ケースのセットをお届けします。