雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】MonoMaster(モノマスター)2019年2月号 《特別付録》 HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)のトラベルロック

購入した雑誌/ムック

発売日:2018年12月25日
宝島社
Mono Master(モノマスター)2019年2月号 980円

《特別付録》
HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)のトラベルロック

どんな付録?

”コンパクトに携行できて、好きな場所で使える!おくだけでお洒落な、目覚ましアラーム付き時計”

・ブランドロゴ入りで見やすいデザイン
・しっかり安定する折り畳み仕様
・バチューシリーズを彷彿とさせるグリーン

2019年2月号|MonoMaster(モノマスター)|宝島社の雑誌より引用

大きさは?

(実寸)
折り畳んだとき
サイズ:高さ10cm、幅7.1cm、厚さ3cm

開いているとき
サイズ:高さ3.5cm、幅7.1cm、厚さ2cm

重さ:60g

素材は?

素材:ABS、PS、PVC、アルミニウム、綿、ポリエステル、合金

匂い:なし

コラボブランド:HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)

MADA IN CHINA

購入した感想は?

・時計の素材・仕様
ボディは綿とポリエステルの混紡でキャンバス生地です。それぞれの面に厚い板紙が入っているので硬さがあります。内側はツルツルのポリエステル素材を別生地で縫い合わせているので本体はしっかりとした厚みがあります。
バチューシリーズを彷彿とさせるカーキグリーンでシックでおしゃれな印象です。ロゴはシールプリントなので剥がれてきそうな感じはあります。

時計本体はプラスチック製で触ると実感しますが、見た目は表面もクリアで安っぽい感じはしません。文字盤は中央に大きく象のロゴをあしらい、大きな数字とシンプルなデザインでとても見やすいです。アラーム機能も付いてとても豪華です。

・時計の使い心地
折り畳んだときの大きさは、薄いタバコケースほどでとてもコンパクトです。軽量で持ち運びには便利ですね。
広げてスナップボタンを留めれば時計の面がしっかり固定され安定して自立します。ボタンは強度があり取り外しし易いです。

裏面の時計設定や電池交換、アラーム設定部分の作りは大きく、操作し易いです。ただ秒針の音ですが、かなりのカチコチ音でこれを枕元に置いておいたら気になって眠れませんでした。なので少し離れたところにおいて一晩使用しました。

アラーム音はびっくりするほど大きいです。ピピピピッ、ピピピピッと部屋中に響き渡る音で、私はビックリして起き上がるという感じでした。

お得度メーター

デザインとしてはカラーも素敵でコンパクト設計、文字盤も見やすくオシャレなのですがどうにも秒針の音が気になります。オフィスのデスクなどであれば周りの雑音と合間って気にならないかも。目覚ましアラームとしてはう〜んという感じです。

付録フォトギャラリー

【次号予告】

発売日:2019年1月25日(金)
宝島社
Mono Master(モノマスター)2019年3月号

《特別付録》
HASSELBLAD(ハッセルブラッド)の6大機能長財布