雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】HugMug (ハグマグ) Vol.26【特別付録】B:MING by BEAMS 親子で使えるボアサコッシュ

購入した雑誌/ムック


<雑誌> HugMug (ハグマグ)
<発売日> 2018/11/28
<出版社> 世界文化社
<価格> 690円
<コラボブランド> B:MING by BEAMS

どんな付録?


ハグマグ(HugMug)Vol.26特別付録は「B:MING by BEAMS」とコラボした『B:MING by BEAMS 親子で使えるボアサコッシュ』です。
紐の長さを調整すれば、ママと子ども兼用で使えるファッションアイテムになります。
茶色なので男女兼用でも使えますね。

大きさは?

(実寸) 縦17.7×横11.6cm

素材は?使用成分は?

素材
・バッグ本体 ポリエステル
・ベロ PU
・紐 ポリエステル
・ネーム ポリエステル

購入した感想は・・・

ハグマグ(HugMug)Vol.26特別付録は「B:MING by BEAMS」とコラボした『B:MING by BEAMS 親子で使えるボアサコッシュ』です。

ボアの生地にさりげなくB:MING by BEAMSのネームタグがついています。裏表同じものが印刷されています。
つるつるしたネームタグなので、洋服の裏についているものと一緒ですね。ネームは印刷です。
白なので安っぽく見えてしまう気がします。ネイビーや黒だったら良かったかもしれません。

ファスナーなどはついていません。つるつるの裏地がついています。裏地は厚いのでちょっと重いものを入れても大丈夫そうです。
紐を通しているペロの部分も厚みがあり丈夫そうなのでここも安心。中の縫製もきれいです。

結び目のところです。がっちり結ばれているのほどけることはなさそうです。
紐の先端はほつれないように接着剤でとめてあります。この部分はバリがあってちょっと見た目が悪いのとちょっと痛いです。でも見えないところだし普段あまり触らないところなので問題ありません。

大人が使うなら、紐はそのままで、スマホや鍵、小銭入れを入れて出かけられます。
両手があくし、コンパクトなので小さいお子さんがいるママにぴったり。パパにはちょっと短いかな、という感じです。
背の高いママにはショルダーにして持つのはちょっときついかな、といった感じです。

お子さんが持つのであればおもちゃを入れてお散歩などにいいですね。
お子さんの背丈に合わせて紐を結ぶことができるので成長しても使えます。ボタンやファスナーなどがないのが逆にいいです。
ポケットがないお洋服の時にハンカチやティッシュを持ち歩くのにも便利です。
茶色のぬいぐるみのようなボアなので男の子でも女の子でもかわいく持つことができます。

お得度メーター

子どもが持つにはとてもいいサコッシュ、大人にはちょっと安っぽいと思いました。
タグの色が濃い色だったらもっと良かったのと、もうちょっと紐が長かったら大人も使いやすいと思います。

付録フォトギャラリー