雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【購入レビュー】otonaMUSE(オトナミューズ) 2019年1月号 付録 BEAMS(ビームス)大人の上質リュック

購入した雑誌/ムック

<雑誌>otonaMUSE(オトナミューズ)
<発売日>2018年11月28日
<出版社>宝島社
<価格>1000円

<コラボブランド>BEAMS(ビームス)

どんな付録?

グローバルな視点からトレンドを取り入れつつカジュアルスタイルを提案するブランド、BEAMS(ビームス)の超ハイクオリティ!大人の上質リュックです。

大きさは?

高さ:37cm
幅:28.5㎝
マチ:12cm
持ち手:7.5㎝

素材は?使用成分は?

ポリエステル、塩化ビニール樹脂

購入した感想は…

重さは239gとビームスで販売されているシンプルなリュックのおよそ3分の1程度です。ですが、付録でここまでしっかりと重さがあるものはなかなかないです。臭いはほぼないです。

縫製も特筆する点はなく、市販品レベルです。
1点だけ気になるのは内ポケットのペラペラ感。カサカサして紙のような感じがします。

本体の生地は厚みも程良くあり、手触りもしっかりしています。
前面にあるポケットも十分な広さがあり、350mlのペットボトルがすっぽり入り、ファスナーもきちんと閉まりました。

このポケットには合皮のタグでBEAMS(ビームス)のロゴが入っています。ブラックですが型押しになっているので、ブランドもしっかりわかります。

肩ひもは丈夫にはクッションが入って厚みがあり、程良い幅もあるので疲れにくくなっています。

少し気になるのは下の調節部分の紐ですが、少しペラペラする感じがするのでもう少し厚みがあったらよかったかなと思います。

このリュックの1番のポイントはなんとサイドにジップがあり、背負ったまま荷物が入れられるという点です。しかも本体との間には仕切りがあるのですぐ取り出せるものとそうでないものと分けて入れることが可能です。

オトナミューズ史上最高傑作の付録というだけあって、かなりのハイクオリティですね。これは1,000円出してでも買う価値があります。というか、ビームスのリュックは1,000円では買えませんので…。
サイズ的にはマチもたっぷりあるので、1泊旅行なら十分荷物が入ります。
ファスナーチャームが大きめでつまみやすいので、サイドジップを使用するときも入れやすいです。

持ち手も市販品のリュックと比べるとやや薄いかなと感じましたが、素材自体はしっかりしていて十分な長さがあり持ちやすいです。

カラーがブラックなのでコーデを選ばずオールマイティに使えます。
容量もありクオリティにも問題なしで、通勤用やお出かけ用にもどんなシーンでも活躍するリュックです。

どんなコーデにも合うBEAMS(ビームス)のリュックですが、デニムにスニーカーだとラフ過ぎてしまうかも。オトナミューズ的な使い方はやはりボトムはスカートや、シューズを少し高さのあるヒールにするなど甘さもプラスして抜けすぎない大人のオシャレがオススメ。

BEAMS(ビームス)のシンプルなリュックは7,000円程度はしますので、かなりお得といえます。

お得度メーター

見た目は付録にはとても見えないです。使い勝手も良く、満点!

付録フォトギャラリー


次号予告

otonaMUSE(オトナミューズ)2019年2月号のスペシャル付録は、「DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)」 特大デリバッグ!
毎年完売の大人気付録が、今年は「チャコールグレー」で登場です!