雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】otona MUSE(オトナミューズ)2021年1月号《特別付録》MOOMIN(ムーミン)刺繍ワッペン付きボアポシェット

otona MUSE 2021年1月号(2020年11月27日(金)発売予定)のふろくのみを出版社様のご厚意でお譲りいただきましたので、いち早く「ふろく.life」でご紹介します。
※発売前の見本品になりますので、発売後のものと違いがあるかもしれません。その点はご了承ください。

MOOMIN(ムーミン)刺繍ワッペン付きボアポシェットはどんな付録?

世界中で愛されるムーミンのアイテムが約1年ぶりに登場! ボア素材のポシェットには、ムーミンとリトルミイの刺繍が! 冬のお出かけにピッタリです。

FASHION BOX | 宝島社より

サイズ(約):H26×φ17㎝

FASHION BOX | 宝島社より

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

B5サイズのカードケースがちょうど入りました。

最大容量は500mlのペットボトル4本分です。

<実測サイズ>(約)
タテ25cm直径16cm
ショルダーストラップ 最短74cm 最長137cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、ポリプロピレン
<製造国> 中国 MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

表面はふわふわとしたボア素材。ムーミンとリトルミイは刺繍です。

内側にはさらっとした手触りの少しハリがある裏地が施されていました。

付録の品質はどう?

ミシン目や糸の始末、バッグの歪みなど、全体的に確認しましたが、気になるような点はありませんでした。市販品同様だといえます。

付録を使ってみた感想は?

【全体像・持った時のサイズ感】
ちょっとタテ長めのポーチは、白地に黒の紐でシックな印象です。
ポーチを身長161cmで肩かけしてちょうど開口部がバッグとして使いやすいウエスト部分にくるように調節すると、底部は足の付け根あたりです。調節することで、斜めかけも可能です。

ショルダーをはずすと、ポーチとして単体でも使えます。

ストラップがなくなった分、すっきりとして見えます。刺繍は前面のみ。横や後ろには特にワンポイントはありません。

【開口部】
パカッと大きく開いて、内側の底までよく見えます。

巾着を閉めると中身は見えなくなりました。中からモノが飛び出さないので安心です。

【耐荷重性】
耐荷重の表示に約3kgとあったので、3kgのモノを入れて持ちあげてみました。ストラップと本体をつないでいる部分が少し伸びているような気がします。
さすがに3kgの表示があるので大丈夫でしたが、それ以上のモノを入れるのはやめておいたほうがよさそうです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

otona MUSE1月号の付録として付いている「MOOMIN(ムーミン)刺繍ワッペン付きボアポシェット」はボア素材がとにかく可愛く、これから使っていきたいと思ったので「あり!」です。

ワンポイントのムーミンの刺繍が主張しすぎず、目立ちすぎず、ちょうどいい感じで付いているポシェットは、シンプルデザインなのに可愛さあり!ふわふわとしているボアはあたたかみがあって冬にぴったりです♪容量も結構入るので、お出かけのお供になりそうですね。

紹介した付録つき雑誌/ムック

otona MUSE 2021年1月号
発売日:2020年11月27日(金)
出版社:宝島社
価格:1,480円

予約・購入ができる公式サイト宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの1月号増刊号も同時発売です。詳しいフラゲレビュー記事はこちら>>

買い忘れの心配なし!おうちに毎号届くお得な定期購読は「富士山マガジンサービス」で受付中