雑誌の付録を開封レビューでご紹介
 
開封レビュー

【購入レビュー】てれびくん 2019年 2 月号【付録】仮面ライダージオウ クローズマグマライドウォッチ

購入した雑誌/ムック

<雑誌>てれびくん
<発売日>2018年12月27日
<出版社>小学館
<価格>1,590円

<コラボブランド>仮面ライダージオウ

どんな付録?

てれびくん 2019年 2 月号の付録は仮面ライダージオウ クローズマグマライドウォッチです。
2号続けてのホンモノふろくです。

大きさは?

高さ:7.2㎝
幅:7㎝
厚さ:4.3cm

重さ:72g

形状は市販品とほぼ同じに見えますが、付録の方が軽いようです。

購入した感想は…

気になる臭いは特にありません。素材はプラスチックですが、重みもあり安っぽい感じはしません。
パーツは3つのみなので、簡単に組み立てられます。
本誌、説明書、付録の箱にも作り方が丁寧に書かれているので作り方を間違えることはまずないと思います。

「ジクウドライバーモード」と「ライドウォッチモード」の2つの遊び方があり、モードい切り替えは2つのボタンで行います。ライドウォッチモード(単体遊び)だけで4つの音声が出ます。
切り替え時に音声が鳴りますが、市販品とは仕様が違うようです。
予めボタン電池がセットされていますが、電池がきれた場合いは交換ができるので長く遊べます。

前面パーツがやや浮いていてカタカタ鳴ります。これは付録だからなのか仕様なのか不明です。
作りは雑という感じもせず、市販のおもちゃでもあるレベルですが、ところどころにバリが付いているのが少々気になりました。

市販のライドウォッチが1,500円程度で販売されているので、2月号のてれびくんは1,590円なので同程度の金額です。発光の有無など仕様の違いを考えると雑誌の付録としてはやや高い様に感じます。
切り替えモードボタンのジクウドライバーモードの方が少し軽い感じです。簡単に取れたりはしないと思いますが、耐久面が気になります。

こちらの付録単品でももちろん遊べますが、別売りのDXジクウドライバーに付録のライドウォッチをセットして遊ぶことが可能です。

市販品のライドウォッチとは違い、発光とカバーの回転はしません。ライドウォッチは色々なシリーズで販売されていますが、このクローズマグマのライドウォッチはてれびくん購入限定のレアアイテムとなっています。

お得度メーター

ここでしか手に入らない檄レア品!市販品と同程度の金額ですが、仕様の面で4点!

付録フォトギャラリー




次号予告

てれびくん2019年3月号付録は、仮面ライダージオウ 超足ふろく 爆走!ライドストライカーです。