雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】ViVi(ヴィヴィ)2021年4月号《特別付録》KATE(ケイト)の新作ファンデミニボトル

 

KATE(ケイト)の新作ファンデミニボトルはどんな付録?

「ケイト リアルカバーリキッド(ライトグロウ)」は、色ムラ、毛穴、凸凹など、みんなが抱える悩みを、コンシーラー級にカバーしてくれるのに、リアルなツヤ感のある肌を作れる優秀ファンデーション。

ViViTVより

水 ジメチコン カプリリルメチコン ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン DPG PEG-ジメチコン 他

(パッケージより)

本誌p.13に実際にケイト リアルカバーリキッド(ライトグロウ)の使い方が掲載されいていました。

毛穴を目立たさせない方法や、ニキビ跡隠し、乾燥肌対策、化粧崩れ防止・・・既存のKATEコスメラインとの併用で、悩み解決の参考になります。

 

 

 

原産国は?成分は?

<製造国> 日本 MADE IN J A P A N

 

付録ではどれくらいの容量入り?

<容量> 3ミリリットル

ケイト リアルカバーリキッド(ライトグロウ)は、30mℓで税込1600円。サンプル3mℓ、金額換算すると、160円相当です。

 

付録を試してみた感想は?

キャップを開けてみると、口部分は写真のような造りになっています。ボトルはチューブのようになっていて、ボトルのおなかを押して口からファンデを絞り出して使います。

早速張り切ってボトルのおなかを何度かつまんでみましたが、スカスカ空気しか出ません。口を下に向けてボトルのお尻をたたいてみて、ようやくファンデが出てきました。この様子から考えると、ボトルの大きさの割に、量はあまり入ってないのかもしれません。

アナウンスでは10回分、とされていますので、10回分はこのボトルの中には入っているのだと信じて使ってみましょう。

手の甲にのせてみました。香りはなし。無臭です。クリームよりも軽い感触です。

指でのばしていきました。スルスルとのびていきます。軽い付け心地、皮膚が覆われているような密着感はありません。ふんわり乗っかっているような、薄く広がる感触です。

根気よく伸ばし続けると手の甲がしっとりとつややかな感じになりました。

圧迫感はなく、軽くて自然な付け心地でした。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

付録の、ケイト リアルカバーリキッド(ライトグロウ)はとてもよかったです。パウチではなく、ミニボトルなので大容量、10回分もお試しできるとあって、おトク感があります。

しかしながら筆者は価格を見て驚いたのです。

定価1600円のアイテムなので、サンプルは1/10の量で、何と160円分・・・。いえ、別にいいんですけど。付録があるだけで。それにしても安すぎるような気が・・・コスパが(ごにょごにょ)・・・

でも、視点を変えてみると、市販品のサンプルで、安心の品質MADE IN JPAN。

肌にいいのかどうかも疑わしく、つけてもすぐに落ちてしまうような、外国製のオリジナルコスメ付録に比べたら、良心的な付録だと言えなくもありません。

ただ、付録好きとしては、何かもう一品、つけてもらえたら文句なしの「あり!◎」にしたのかもしれないのにな・・・と悔しさがにじみます。

ViVi読者の若者たちは、アラフィフ主婦のようにコスパにうるさくないのかもしれませんが・・・今回は「うーん△」でした。すいません。

 

購入した付録つき雑誌/ViVi(ヴィヴィ)2021年4月号

誌名 ViVi(ヴィヴィ)2021年4月号

出版社 講談社

価格 730円(税込)

発売日 2021年2月22日(月)